東京オリンピックで私たちができること6つ|おもてなし大国に向けて

東京オリンピックは語学ボランティアやガイドなど、私たちにできることがたくさん! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 社会人3年目Tくん大会ボランティアの募集終わりましたね。8万人の募集枠に16万人の応募があったみたいですね! すごいよね!気づけば、東京オリンピックまであと半年とちょっと。いよいよ盛り上がりを見せてきてるね。会社のS先輩 キャリアウーマンMさん私、都市ボランティアやろうと思ってるんで、英語頑張って身につけようと思ってます!   いや〜ラグビーワールドカップ、盛り上がりましたね! 日本チーム初のベスト8進出は快挙ですよね。ラグビーのルールとか全く分かっていない、にわかファンでも、あの迫力あるプレーには魅了されますよね。 せっかくだし、南アフリカチームには優勝してほしいですね。 ラグビーワールドカップでもこれだけ注目・熱狂してしまうのですから、自国開催の、それもオリンピックとなれば、より大きなお祭り状態になること間違いなしですね! オリンピックのエンブレムデザイン盗用疑惑、スタジアム建設問題、さらにはJOC会長の贈収賄疑惑など、開催地が決まった時の喜びが嘘のように、まさに紆余曲折&七転八倒というジタバタした言葉がお似合いなのが2020年東京オリンピックですが。。。 さらに、マラソン・競歩の北海道コースへの移動問題・・・。選手的にはそっちの方がありがたいでしょうけどね。小池都知事さんの発言は微妙でしたけど。 色々と問題が山積しているとは言え、時間は容赦なく進んでいるわけでして、2020年東京オリンピックまで気づけばあとちょっととなってしまいました。 そんな中で私たちができることって何があるのでしょうか? 1.選手として参加する オリンピック選手として参加する? いやいや、無理ですって。少なくとも私には・・・。 早寝...
2015年10月3日0 DownloadsDownload