英語学習

どこが違う?留学で英語力を伸ばす人と伸ばせない人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
留学で英語力を伸ばす人と伸ばせない人の違いは?

せっかく踏み出した語学留学を成功させるために必要なこととは?

せっかく海外に語学留学に行っても、なかなか上達しない人って結構多いんだよね。

avatar

会社のS先輩

avatar

キャリアウーマンMさん

そうなんですね。私留学したことないから分からないけど、行ったら何とかなるんじゃないかと思ってました。

avatar

社会人3年目Tくん

僕、留学経験あるっすけど、やっぱり環境が違うから最初は大変でしたっ

 

昨今のグローバル化、2020年の東京オリンピック、過去最高の訪日外国人観光客など日本における英語を始めとした外国語習得が必須になってきています。

「私も英語を話せるようになりたい!」

きっとあなたは日々こう思い、それなりに努力もされていることと思います。
英語習得の近道って英語の環境に自分を浸らせることが一つの手ですよね。
そういった意味では留学は一番効果的に英語を身につけることができると言われています。

日本にいても、なかなか英語を使うシチュエーションすらない方が大半だと思いますので、これはほぼ間違いないですよね。

でも、ちょっと待ってください。

留学しに行っただけで、本当に英語力って上がるものでしょうか?

「半年行ってリスニングはできるようになった気がする」とか

「結構長い間、留学していたけど、いまいち英語力が身につかないまま帰ってきた。でも国際感覚は身についた気がする!」なんて声も聞きますよね。

実は平成23年度の日本学生機構の「海外留学経験者の追跡調査」によると、「留学経験が役に立ったこと」の結果、語学力がついたと回答したのが50.5%だったのです。
これは留学目的にもよりますが、残りの50%近くは語学力がついた実感はなかったのかもしれません。

ということで、今回は上記の調査結果のアンケート結果などを基に、語学留学で失敗する人と成功する人の違いを考えてみたいと思います。

とりあえず行ってみる人 VS 目的を明確にして決意を固めてから行く人

海外留学で多いのが、この「とりあえず行けばなんとかなるはずだ!」という楽観的な考え方の人ではないでしょうか?

確かに海外に行けば、それなりに外国語を使う機会は増える訳ですが、気づけば周りには仲の良い日本人コミュニティーにどっぷり浸かり、楽しいことだけして帰ってきたなんて方もいますよね。

せっかく数十万または数百万という高額なコストで海外に留学するわけですから、まずは目的をしっかりと決めて行った方が、現地での行動もそれなりに変わってくると思います。

実は留学は決して楽しいことばかりではありません。

語学学校の授業についていけなくて辛い思いをしたり、生活上や仕事でのトラブルなど、日本でも大変な状況に加え、言葉が分からないマイナス要因も重なるとストレスはMAXになってしまいます。

そこで当初の留学目的を思い出すと、モチベーションを維持することに繋がりますよね。

「なんのために私は今、こんな辛い思いをしているのか?」

「そうだ!将来の夢・仕事のために今、一所懸命に語学を身につけるんだ!」

まずはこの想いの差が大事なんですね。

自国のコミュニティに籠る人 VS 積極的にいろんなイベントや交流を取っていく人

日本人はシャイだと良く言われます。人によってその差はあると思いますが、外国人から見るとそういった印象に取られることが多いのは事実です。

語学学校には海外からいろんな人種の人たちが集まります。

そこでまず驚くのが、「なんだよ、めっちゃ英語話せるやん。なんでここおるん?」という状況です。特にメキシコやヨーロッパから来た語学留学生などは、全く話せない人から見ると「え~?」と引いてしまうほどペラペラと話している印象を受けると思います。

そういったコミュニティにすっと入れる度胸があれば話は別ですが、英語初心者にはなかなかハードルが高いですよね。

その結果、心の安住を求めて日本人コミュニティに入ってしまい、みんなで留学期間が終わるまで過ごしてしまうというパターンです。

それとは逆に当初の目的をしっかり持って行動できる人は、日本人コミュニティに頼ることなく、積極的に違うコミュニティと交流を取り、イベントなどにも参加していていきます。

同じ留学期間でどちらが語学をしっかりと身につけることができるかは、もう一目瞭然ですよね。

せっかく海外に行ってるのですから、本当の国際感覚を身につけるためにも壁を超えてコミュニケーションを取っていきたいですね。

留学から帰ってから何もしない人 VS 日々、語学のブラッシュアップをする人

実はここも重要なポイントだったりします。留学し、割と英語を話せるようになった。でも、使う場所がない。こういった話も留学経験者からはよく聞く言葉です。留学だけが目的だった場合、このパターンに陥りかねません。

やはり日本では英語を使う場所や機会は限られています。

長い(と感じてしまった)留学から解放され、「日本語が通じるっていいね~」的な生活にいつの間にか飲み込まれてしまうと、いざ外国人と話すタイミングがあった時に「・・・汗」となり、周りから「あの人って留学経験者だよね??」なんて陰口すら叩かれかねません。

そうならない為にも、せっかく培った語学力を維持し、なんならブラッシュアップしていける取り組みはした方が良いのではないでしょうか?

・英語を使う仕事に就く

・語学ボランティアなどに関わる

・英会話教室やオンライン英会話を利用する

・外国人が集まるコミュニティーに参加する

・スマホやタブレットアプリを使う

気づかないだけで、意識すれば意外と身近に英語を使う環境はありますよね。

avatar

社会人3年目Tくん

せっかく留学して身につけた英語力が落ちるのは嫌なんで、スマホアプリで日々トレーニングしてるっす!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

留学を経験された方なら「あるある」と思って頂けるかもしれません。

なんのために語学留学するのか?

まず、この目的をしっかり持ち、できれば留学後の進路やヴィジョンがあると、その結果は全く違うものになると思いますよ。

ぜひ有意義な留学ライフをお過ごしくださいね。

avatar

キャリアウーマンMさん

ワーホリでカナダに行った人の体験記です。今は英語ペラペラで移民権まで取得してるけど、当初はトラブルの連続。超面白いのでオススメっ!

 

【ワーホリおすすめ本】英語力ゼロ!で行ってみた。 失敗だらけのカナダ生活

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmezamashi_eをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初心者でも楽しく英会話を身につける方法があります

めざまし英会話は、ただ「聞く」だけの英会話教材ではありません。

曲後半のスピーキングモードでは、beep音に続いて英語を発音するパートが用意されています。

実は、英会話の上達にはインプット(リスニング)だけではダメなんです。

そう、アウトプット(スピーキング)をもっとたくさん行う必要があります。

・ネイティブレベルの英会話力を身につける

・同時に英会話のリスニング力も身につけることができる

・海外旅行や留学でそのまま使える英会話フレーズを身につけることができる

『めざまし英会話』なら、初心者の方でも無理なく、楽しく英語学習を続けることができます。

 

2分で分かる『めざまし英会話』をちょっとだけ見てみる>