英語学習

MOOCで世界中の有名大学の講義を無料で受けてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

突然ですが、MOOCって聞いたことありますでしょうか?

「そんなの知ってるに決まってるやん、ポンキッキでガチャピンと!」

「あのロックバンドの!」

ちゃうちゃう、それはムックです。

ではなくて、MOOCとは・・・

M:Massive
O:OPEN
O:Online
C:Course

の略のことなんです。
なんだかよく分からないですが、ざっくり言うと「WEB上で無料で参加可能な大規模講義」のこと。
世界中の有名大学の講義がオンライン上で、無料で、いつでも受けられるとあって、
全世界に受講者が広がっている注目のサービスなんです。

<MOOCの特徴>
・オンラインで有名大学の講義をいつでも無料で受講できる。

・受講するだけではなく、試験やレポート課題があり、他受講者とのセッションなんかもある。
受講を終えた人への修了書が出される講義なんかもある。

・コースが沢山あるので、自分の興味のあるジャンルを選ぶことができる。
(下画像はedXのカテゴリ選択画面です)

スクリーンショット 2014-03-19 17.46.27

<とりあえず押さえておきたい3つのオススメMOOC>

・Coursera
https://www.coursera.org/

参加機関108、講義数627以上、参加受講者数もうすぐ700万人の大規模オンライン講義で、東京大学も参画。
昨年には一部の講義で日本語字幕付の動画配信もスタートしています。

スクリーンショット 2014-03-19 17.55.36

・edX
https://www.edx.org/

MIT、ハーバード、バークレイや日本の京都大学なども参加。
昨年9月にはGoogleも「OPEN edX」というオープンソースのMOOCプラットフォームを共同開発すると発表されています。
Google×教育分野への取り組みって興味ありますよね。

スクリーンショット 2014-03-19 18.04.48

・Udacity(ウダシティ)
https://www.udacity.com/

スタンフォード大学初のMOOC。Google副社長で無人自動車の開発を率いたセバスチャン・スラン氏が共同創設者。
今月、リクルートがUdacityの日本への普及を目指し、協業契約を締結したことを発表。
一部の講義では早速日本語字幕が付いたものも配信がスタートしています。
日本語版サイトはコチラ→http://edmaps.co/udacity/index.html

スクリーンショット 2014-03-19 18.08.35

ということで、オススメのMOOCをお届けしました。
あ、上記以外にもiTunes UなんかもMOOCですよね。
http://www.apple.com/jp/education/ipad/itunes-u/

ん?MOOCって日本語字幕が付いているものもあるけど、結局「英語での講義」なんだよね?
と思ったあなた。

「だ〜い、せ〜いか〜い」(クロコーチ風でお願いします)。

そんなの分かる訳ないじゃ〜ん。って、え?
さて、このブログってなにがテーマでしたっけ。
私を含め、英語を身につけたい方のためにお届けしておるつもりです。

ですから、「自分の好きなことを英語で学ぶ!」

これが一番身に付きやすいんです。

huluで海外テレビドラマばっかり観るのではなく、たまにはアカデミックな風に吹かれることもグローバル化には必要かもしれませんよ。
さあさあ、MOOCの世界へようこそ。

とは言え、全く英語が出来ない人のために。
ご安心ください。日本でもMOOCの風は吹き始めております。
JMOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)という社団法人がしっかりと普及に向けて動き出しておりますし、
NTTドコモさんが「gacco」というサービスを立ち上げています。(2014年4月14日より順次開講予定だそうです)
http://gacco.org/

まずはこちらから試してみるというのは如何でしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す