インバウンド

誰でもガイドになれる!旅行者とのマッチングアプリ・サービスまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ローカルガイドマッチングサービスのご紹介ローカルガイドマッチングサービスのご紹介

日本は今、2020年の東京オリンピックに向けてインバウンド最盛期



今、日本は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてインバウンド最盛期を迎えています。海外から日本へ旅行しにきた訪日外国人旅行者数はついに2018年に3000万人を突破、2020年には4000万人を目標にしています。

avatar

社会人3年目Tくん

そういえば、最近は地方でも外国人観光客を目にする機会が増えましたね〜

 

こんな印象を持っている方も多いのではないでしょうか?

昭和世代の私からすると、子供のころ(1980年代)は年間で200万人程度しか訪日観光客がいなかった訳ですから、およそ15倍ぐらいの外国人が日本に来ているのですね。

こうなると、もう英語ができないとか苦手とか言っている場合ではないですよね。言葉が分からないとせっかく来てくれた海外からのお客様の対応ができないわけですから。小売店舗やサービス業の方々はメニューや案内を、英語や中国語などで対応するところも増えてきています。

実はこれ、結構良い傾向だなって思っていまして、これまで日本人だけを相手に商売をしていれば良かったのが、海外からの観光客相手に語学対応して、SNSやWebなどで情報発信することで、新たなビジネスチャンスとなる訳ですよね。商品やサービスもその国に合わせたものを新たに開発するチャンスが巡ってきている訳ですね。

逆にいうと、これから一億人の外国人観光客獲得を目指そうという政府方針が出ている以上、複数の言語に対応しないことはビジネスチャンスをみすみす逃してしまうというリスクを含んでいることを意味しています。企業や事業主の生き残りがここに懸かっていると言っても過言でもありませんよね。

インバウンドに対応できない事業主は継続が厳しくなりますのう・・・遠い目

avatar

会社のS先輩

 

さて、翻って私たちのような一般ピーポーでも、このインバウンド最盛期に何かできることはないでしょうか?企業や事業主にビジネスチャンスがあるということは、英語を身につけている(もしくは身につけようと頑張っている)私たちにも何かしらの恩恵があって然るべき。

英語や中国語をはじめとした他言語を身につけることはもちろん必要ですが、その他には民泊で自分が所有している部屋を外国人に貸したり、自分の語学力を活かして街中や目的別にガイドを行うことなどが挙げられます。

今回は、この語学力を活かしたローカルガイドマッチングサービスをご紹介したいと思います。

通訳案内士法の改正により、誰でも有償ガイドができる時代に

2018年1月4日に法律が変わって、誰でも有償でガイドができるようになったんだよね

avatar

会社のS先輩

avatar

キャリアウーマンMさん

そうなんですね!せっかくだから英語力アップにガイド登録しようかな

avatar

社会人3年目Tくん

週末に副業的にできるのがいいですよね。僕もいくつかのサービスにガイド登録してみます!

 

一昔前、と言っても2018年1月までは、通訳案内士(現在は「全国通訳案内士」と呼ばれます)の資格を保有していない無資格の人が外国人相手に有償でガイドを行うことは違法でした。通訳案内士自体、結構な難易度の国家資格ですので、有資格者数は約24,000名程度です。

これだと急増する外国人観光客のおもてなしが出来る人の数が少ないという理由で、2018年1月4日に改正通訳案内士法が施行されました。これにより、通訳案内士による業務独占が廃止され、誰でも有償で外国人観光客をガイドすることができるようになりました

これまで、闇?で行っていた方も(そんな方はいないと信じていますが)これで安心して外国人観光客に「おらが町」を案内することができるようになりました。

そこで今回はそんな改正通訳案内士法の施行を受けて真っ盛りとなっているローカルガイドのマッチングサービスを紹介していきたいと思います。

英語や中国語などの語学が得意な人はもちろん、そうでない勉強中の人も、せっかく外国人の方が日本に来てくれているのですから、「おもてなし」の心を持って案内してみようではありませんか。(なぜか演説口調)

これから登録しておきたいローカルガイドマッチングサービスをご紹介

Huber.(ハバー)

ペアガイドでローカルガイドマッチングサービスHuber.

ガイドマッチングサービスの先駆けと言っても過言ではないのがHuber.です。改正通訳案内士法が施行される前からサービス提供を行っていました。現在ではANAや東急グループ、ナビタイムなどとも連携しており、サービスの幅をどんどん広げています。

Huber.では2名一組がTomodachi Guideと呼ばれる案内役と通訳役がペアガイドとなって外国人をおもてなしします(おそらく改正通訳案内士法が施行される前に設定されたガイド方法だと思われます)。ガイド登録を行って、自分が提供するサービス(=ドラフトプランと呼ばれます)を設定すると、Huber.が外国人=ゲストに情報を届けてくれます。

Huber.のガイド料はガイド時間によって設定されており、最初の3時間で7,500円、以降1時間ごとに2,000円ずつ加算されます。サービス手数料として案内役も通訳側も一律1,500円が差し引かれます。

avatar

キャリアウーマンMさん

uber(ウーバー)みたいだけど、読み方は「ハバー」らしいです。ペアガイドって友達と一緒にできるから心強いですね!

 

対応デバイス:Webサイト、iOS、Android

Huber.でガイド登録するにはこちら>


Trip Partner(トリップパートナー)

Trip Partner トリップパートナー ローカルガイドマッチングサービス

こちらも旅人とガイドをつなぐマッチングサービスです。上記のHuber.との違いはペアガイドではなく、一人でも登録・ガイドを行って収入を得ることができることと、自分でガイド料を設定することができる点です。案内する内容によってガイド料金を設定できるのは良いですね。

ガイド登録には運営会社の本人確認などの事前審査があります。ある程度の経験と、ユーザーからの高評価を得られたガイドはPremiumマークが表示されますので、旅行者側も安心して依頼することができます。

ガイドにはガイド料金から運営者側のサービス手数料10%を引かれた金額が支払われます。

avatar

社会人3年目Tくん

自分でガイド料を設定できるのと、手数料が安いのが魅力ですね

 

対応デバイス:Webサイト

Trip Partnerでガイド登録をするにはこちら>

 


Travee(トラビー)

HISが運営するガイドマッチングサービスTravee

旅行会社大手のHISが運営している代表的なローカルガイドマッチングサービスです。こちらは改正通訳案内士法が施行されたと同時にサービスリリースされました。

旅行者は場所→プラン→ガイドの順に選択して旅行プランを立てていく流れとなります。旅行者との連絡手段はTravee内のチャットで行うことができます。誰でもガイド登録することができますが、HISとの面談や講習会を受けることでHIS公認のTraveeガイドとしてオフィシャルガイドのマークを表示してくれます。

ガイド料は20%が運営者側のサービス手数料として差し引かれ、支払いはガイドを行った日から三日以内にPaypalにて支払われるようですので、あらかじめPaypalアカウントを作成しておくのが良いでしょう。

大手旅行会社が運営しているサービスだから安心ですね。

avatar

会社のS先輩

 

対応デバイス:Webサイト、iOS、Android

TraveeのWebサイトはこちら>

HISが運営するローカルガイドマッチングサービスTravee


Airbnb Experiences(エアビーアンドビー エクスペリエンス)

Airbnb Experiences ローカルガイドマッチングサービス

民泊ブームの火付け役、黒船きたぞーい!的なイメージの強いAirbnbですが、「体験」もシェアするサービスを開始しています。これってまさにローカルガイドマッチングサービスということで、ご紹介するサービスの一つとさせて頂きました。

知名度の強さからサービスを利用している方も多い様子です。レビューの数が他のサービスと一桁違いますので、民泊を利用するついでに体験も依頼してみようという外国人の方が多いのが分かります。ここはマストで登録しておいた方が良いかと思います。

ガイド側(ホストと呼ばれます)の取り分は体験ガイド料の80%となり、残りの20%はAirbnb側の手数料となります。20%って高いよね?と思いますが、圧倒的な集客量で予約を獲得できることを思えば、登録してずっと待っているよりも回転数が高くて良いのかもしれませんね。

avatar

キャリアウーマンMさん

エアビーって民泊だけじゃなくて体験ガイドもできるんですね。知らなかったです!

 

対応デバイス:Webサイト、iOS、Android

Airbnbで体験ホストを登録する>

まとめ:いかに独自のサービス=体験を提供するかがポイント

いかがでしょうか?

代表的なガイドマッチングサービスをご紹介してみました。初心者や英語が苦手な人は、友達と一緒にできるHuber.がオススメですね。ここで経験を積んでみて、Airbnb ExperiencesやTraveeなど他のサービスで独り立ちっていう手もありそうです。

いろいろとサービスを見ていて思うのは、やはり「その場所」でしか経験できない「貴重なサービス=体験」を如何に楽しそうに打ち出せるかなんですよね。

文章の書き方や掲載する画像の見せ方、何より自分自身のアピールなんかも大事になってきますよね。自分にしか提供できないサービスは何か?登録しながらでも考えておくと良いかもしれません。

まだまだガイドマッチングサービス自体は広がっていくと思うので、今後も新たなサービスを追記していきたいと思います。

ぜひ、英語をはじめとした語学力アップと、自分の収入アップにも役立てて頂きつつ、何よりも海外から来る外国人観光客の皆さまにもっと日本を好きになって帰っていただけるサービスを提供していきましょうね。

avatar

キャリアウーマンMさん

こちらの記事もオススメです。ぜひ読んでくださいね〜

 

東京オリンピックで私たちができること6つ|おもてなし大国に向けて

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmezamashi_eをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初心者でも楽しく英会話を身につける方法があります

めざまし英会話は、ただ「聞く」だけの英会話教材ではありません。

曲後半のスピーキングモードでは、beep音に続いて英語を発音するパートが用意されています。

実は、英会話の上達にはインプット(リスニング)だけではダメなんです。

そう、アウトプット(スピーキング)をもっとたくさん行う必要があります。

・ネイティブレベルの英会話力を身につける

・同時に英会話のリスニング力も身につけることができる

・海外旅行や留学でそのまま使える英会話フレーズを身につけることができる

『めざまし英会話』なら、初心者の方でも無理なく、楽しく英語学習を続けることができます。

 

2分で分かる『めざまし英会話』をちょっとだけ見てみる>