英語学習

英語挨拶 How are you?の正しい返事をアメリカ人に学ぶ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
英語で挨拶 How are you?の答え方

意外と理解できていないHow are you?の正しい答え方を身につけよう!

みなさん、こんにちは。 今日も英語の勉強してますか?

最近、YouTubeで英語に関するチャンネルを見ることが多くなりました。色んなキャラクターの人がたくさんの動画をUPしているので、英語学習には事欠かないですね。
(通信制限に怯えながら・・・)

今回は日本人の苦手な英語の挨拶についての動画を見つけましたので、早速、ご紹介していきたいと思います。

ご紹介するのはIU-Connectのアーサーというアメリカ人が投稿している動画です。

I’m fine thank you, and you?の呪縛からそろそろ脱出しよう!

動画の中でアーサーは「How are you?」という挨拶の答え方について解説しています。

この「How are you?」

あなたなら何て返事しますか?

「I’m fine thank you, and you?」

と答えたくなる人、たくさんいるのではないでしょうか?

そう、間違いではないんです、日本で英語の教育をまっとうに受けた人なら。でも、アーサーは「アメリカ人でこうやって答える人はいない」と言っています。

では、「How are you?」と言われたら、何て答えれば良いのでしょうか?
いい機会ですので、ここで挨拶の答え方について、しっかりと身につけておきましょう!

アメリカ人が教える正しいHow are you?の答え方

相手 :Hey, How are you?

あなた:Good.

または

I’m good.

とっても簡単ですね!
もう少しフレンドリーに言いたかったら、

I’m good, how are you?

これならすぐに使えそうですね。

さらに、How are you?以外の挨拶についても説明しています。
それぞれどうやって答えれば良いか分かりますか?

How are you doing?

How’s it going?

いかがでしょうか?
それでは答え合わせをしてみましょう。

相手 :How are you doing?

あなた:I’m doing good.

続いて、

相手 :How’s it going?

あなた:It’s going good.

いかがでしょうか?

少し法則が見えてきた気がしませんか?

How are you doing?については、「doingがどうよ?」と聞かれているので、doingがgoodでI’m doing good.と答えています。

さらに、How’s it going?に対しては、「itのgoingがどうよ?」と聞かれているので、goingがgoodということで、It’s going good.と答えているのですね。

この相関関係が分かっていれば、挨拶された時に「アワワ・・・」と慌てることなく、スムーズに答えることができそうですね。

まとめ:挨拶も大事だけど、笑顔で大きな声で答えることも大事

いかがでしたでしょうか?
これで外国の方と挨拶する時にシドロモドロしなくても良さそうですね。

でも、何より大切なのはあなたの笑顔だということを忘れないでおいてください。
いくら「I’m doing good.」と言っても、顔が曇っていたり、不機嫌な顔つきをしていたら、
相手も「あれれ?元気ないね〜」と思ってしまい、その後の会話が弾まなくなるかもしれません。

挨拶はあくまで会話の「きっかけ」ということを忘れずに、
笑顔で、大きな声で答えてあげることを忘れないようにしたいですね!

今回もありがとうございました。

*おすすめ関連記事:YouTubeで英語学習がおすすめ!楽しい英会話チャンネル5選はこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す