ビジネス英語

英語を身につけたいと思った理由 手に汗握るビジネス電話編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日の投稿で英語を身につけたいと思うシーン「プライベート編」を書いてみました。

まだプライベートだとそこまでシリアスな感じではないですよね?

ところがどうでしょう、仕事編になるとそうはいかないのが英語ってやつでして、
英語が苦手な我々にとってはまさしく「恐怖」の2文字ですよね。

さあて今回は仕事で良くありがちな海外との電話対応編です。

・外国から電話が掛かってきて、矢継ぎ早に話されパニックになってしまい、思わず電話を切ってしまった。

・電話を切ったあと、当分は電話に出ないようにした。

・電話が鳴っても着信番号を確認し、海外からの番号だと頑として出ないようにした。

・周りに聞かれると恥ずかしいので、小声でしどろもどろで話していると、相手に「聞こえないよ」と言われて玉砕した。

・なんとか誰宛の電話か分かったは良いものの、担当者が不在の場合の言い方が分からず、
「今、オフィスにいません」ではなく「彼は退職しました」とかいう訳の分からない英語を言ってしまい、
よけいに会話を混乱させてしまった。

・何度聞いても相手の会社名が分からなかった。

・何度聞いても相手の名前が分からなかった。

・何回もスペルを聞き返して、相手をイラっとさせた。

・電話番号を控えたのに間違っていた。

・間違い電話だったのに、延々と話を聞くはめになった。

・海外の会社に電話するも担当者までたどり着かなかった。

・担当者が不在だったので「メッセージを残しますか?」と言われたが、何も残せなかった。

・通話中、先方が一方的に話を進める中で「フン〜フ〜ン」と「Yes」しか言ってないことに気づいた。

・電話で先方訪問のアポを取ったが、日時が違った。

ふう、、、書き出すと冷や汗がよみがえります・・・。
あとで考えると、「あ〜、ああ言えば良かったのに!」と思うことも多々あり、
やっぱり必要なフレーズは頭に叩き込んでおくのが良さそうですね。
すぐに覚えられない人にオススメの方法は、必要そうなフレーズを書き出して電話周辺に貼る!
これを見ながら話せば、電話応対も何とかなりますね。あと数をこなして度胸を付けること。

英語でスマートに電話対応をこなすと、周りの見る目も変わりますよ、きっと。
がんばりましょう〜。

☆英語の電話対応にオススメの動画です☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す